北海道・札幌での弁護士への法律相談なら北澤慎之介法律事務所
北海道・札幌での法律相談なら北澤慎之介法律事務所

成年後見制度・財産管理

後見、保佐、補助

認知症などにより判断能力が低下してきた場合には,その人の財産を守るため成年後見制度を判断能力に応じて利用することが可能です。
その場合,家庭裁判所に必要書類をそろえて申立を行う必要がありますが,自分たちだけでは手間がかかったり,難しい場合もあります。その場合にはその人の代理人として申立を行います。
例えば,遺産分割や保険金の受領には判断能力が必要です。判断能力がない場合にこれらの行為をしても無効になる場合がありますので,事前に成年後見制度を利用するのが良いでしょう。

任意後見

自分の判断能力が衰えてきたときのために,あらかじめ後見人を決めておき,財産管理等を行ってもらうことを言います。
上記の成年後見(任意後見に対して,「法定後見」とも言います)と異なるのは,後見人や後見人に支払う費用,毎月使うお金を自分であらかじめ決めることができることです。法定後見では,原則として後見人(自分の財産の管理等をしてくれる人)を自分で決めることができず,後見人に支払う費用は裁判所が決め,毎月使うお金は制限されることが多いです。
このように,任意後見には,自分の将来のことを自分で決めることができるというメリットがありますので,ご活用をおすすめします。

財産管理

自分のお金を自分で管理することに不安がある場合に,弁護士に財産管理を依頼することもできます。家族に頼むと後々もめる可能性がある場合や一人暮らしの場合などにおすすめです。

弁護士に依頼するメリット

  • 煩わしい手続きを任せられる。
  • 自分の将来に備え足り,不安を解消できる。
  • 家族間のもめ事を避けることができる。

無料相談のお問い合わせ

営業時間:9:00~17:00
※土・日・祝日 時間外はご相談に応じます

対応エリア
北海道の札幌市、小樽市、江別市、岩見沢市、千歳市、恵庭市、石狩市、北広島市、苫小牧市等を中心に相談をお受けしております。上記以外のエリアでも対応可能な場合がございますのでご相談下さい。