北海道・札幌での弁護士への法律相談なら北澤慎之介法律事務所
北海道・札幌での法律相談なら北澤慎之介法律事務所

離婚

離婚

離婚には、夫婦の話し合いで決める「協議離婚」、裁判所での話し合いできめる「調停離婚」、調停で決まらない場合に裁判所が決める「裁判離婚」があります。
離婚して第二の人生を気持ちよくスタートするお手伝いをします。

離婚の際に問題となるのは以下の点です。

  1. 離婚すること自体
    夫婦が離婚自体について合意ができていれば問題ありませんが、どちらか一方が反対している場合には、争いになります。
  2. 親権
    未成年者の親権者を夫婦のどちらにするかです。夫婦でいる間は夫婦両方が親権者です。
  3. 養育費
    子どもが独り立ちするまでの必要な費用です。子どもが何歳になるまで、月いくら支払うか、高校や大学の入学費はどうするか、などが問題となります。
  4. 面会交流
    夫婦が離婚しても、子どもにとって親であることには変わりはなく、子どもと親が定期的に会うことを言います。離婚する際にどのくらいの期間ごとに会うか決めておかないと、後々問題となる場合があります。
  5. 財産分与
    夫婦が結婚してから別れるまでに、築き上げた財産は夫婦共有のものです。そのため、離婚する際は夫婦で築き上げた財産を分けることになります。原則として半分ずつになります。どちらか一方の名義の預貯金や不動産であっても、妻が専業主婦であっても結婚してからの財産である以上、基本的に半分ずつになります。
  6. ただし、結婚する前からの個人的な財産や別居後に作った財産は財産分与の対象となりません。

  7. 慰謝料
    DVや浮気が原因で離婚する場合、DVや浮気をされた方は相手方に慰謝料を請求することができます。慰謝料の額は、その原因や程度によって異なってきます。
  8. 年金分割
    夫婦の一方が、会社員や公務員の場合、その厚生年金や共済年金を結婚期間に応じて分割受給することを言います。

※裁判離婚が認められるためには、法律で定められた離婚原因(DV、浮気など)が必要です。

DV(ドメステイック・バイオレンス)とは,主に夫婦間による暴力をいい,
これには,暴力などの肉体的な暴力に限られず,言葉による暴力(大声を出す,脅迫的や非人間的な内容の言葉を言われるなど),経済的暴力(生活費などのお金を渡さないなど),性的暴力(性行為の強要など)があります。
夫婦だからといって我慢する必要はありません。DVを放置しておくと、DVがひどくなる、DVを受けている人が精神的に病気になってしまったりします。一時的に収まったとしても再開されることがとても多いです。お早めに相談下さい。

弁護士に依頼するメリット

  • 当事者同士では感情が出過ぎて話し合いにならない
  • 顔も見たくない相手方と直接話す必要がない
  • 相手方が怖くて直接話ができない、言いたいことが言えない場合
  • 相手方の不合理な押しつけから解放される
  • 妥当な婚姻費用・財産分与・養育費や慰謝料をもらえる可能性が高い

離婚に関連する「お客様の声」

無料相談のお問い合わせ

営業時間:9:00~17:00
※土・日・祝日 時間外はご相談に応じます

対応エリア
北海道の札幌市、小樽市、江別市、岩見沢市、千歳市、恵庭市、石狩市、北広島市、苫小牧市等を中心に相談をお受けしております。上記以外のエリアでも対応可能な場合がございますのでご相談下さい。